×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホラー作家クライブ・バーカーが制作した映画「ヘルレイザー」に登場する

セノバイト(修道士)達のリーダーです。

セノバイトとは「究極の快楽」を追求するうちに人ではない何かになってしまった存在で、

彼らに言わせれば「究極の苦痛こそが究極の快楽」なのだそうです。(早い話が究極のSMですね。)

そのためセノバイト達は見るからに痛そうな格好をしています。

ヘルレイザーは現在8作目まで制作が決定しており(うち日本では6作目まで公開済み)、

登場するセノバイトは実に20体にも及びます。