×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

実写版映画「デビルマン」の公開にあわせて発売されたフィギュアです。

映画CGデータを利用したデジタル造形とのことで、その造形はなかなかのものです。

しかも値段は1300円とかなり安いので、お買い得・・・ではありません。

なぜならとにかく小さいのです。翼とディスプレイが無ければ

食玩のデビルマンの方がまだ大きいです。

それをわざわざブリスターに入れて売っているのですから、

売場では余計に小ささが際だって見えました。

おそらく食玩のワンランク上のフィギュアとして

企画された商品だと思うのですが、どうも中途半端な気がします。

食玩やガチャなどのミニフィギュアを集めている層の中でも

1000円を超えるミニフィギュアを買う人はそう多くないだろうと思います。

(よくあるシークレットなどは別にして)

反対に自分のような人種にとっては値段を3倍にしても

大きさを2倍にしてくれたほうが、まだ買う気がします。